ブログ

BLOG

【岩座】金蒔絵(きんまきえ)

 皆様こんにちは。椿の蔵2階 岩座川越店 国安でございます。


あたたかな日差しの日が多くなり、
気分も春めいてきた方が多いのではないでしょうか。

今回はそんな春の日差しで、煌めくような商品のご紹介です。





金蒔絵(きんまきえ)です。

スマホケース等、つるつるした雑貨に貼り付けてお楽しみいただけます。





蒔絵は、日本では1200年ほど前から行われてきた漆工芸の一種で、
漆の上から金粉などの金属粉を貼り付けたものを言います。
この、貼り付ける行為を「蒔く」と言い、そのため「蒔絵」と呼ばれてきました。
これらは400年も前から、ヨーロッパ等に輸出されていたそうです。

金属の粉が塗られているだけあり、
さりげなくきらきらと光るのがとても綺麗です。





プラスチックや硝子、陶器に木製品、金属など、幅広いものにお使いいただけます。
サイズも小振りなので、ついたくさん集めたくなってしまう逸品かと思います。

柄も多数ご用意しておりますので、
川越にお越しの際は、是非一度ご覧になってみてください。



カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
フェイスブック Facebook
ツイッター Twitter

椿の蔵 インスタグラム

  • カヤオンラインショップ
  • 椿の蔵 LINEアカウント

    椿の蔵 壁画作者 Ki-Yan
  • 蔵の街 川越 川越市蔵造り資料館
  • 川越まつり公式サイト